toggle
2018-11-09

白湯の飲み方

レッスン後にお伝えしてる【白湯】についてお話。

●白湯の飲むことで得られる健康・美容効果は主に次の4つ。

1.基礎代謝が上がる
白湯は温かい飲み物ですから、それを口から摂ることで食道や胃、腸が温められ、全身を巡る血液の流れがよくなり基礎代謝がアップすると言われています。

2.デトックス効果がある
内臓が内側から温められることで、働きが活発になり利尿作用や腸の蠕動運動が促され、便秘解消などのデトックス効果が期待できます。

3.内臓の機能回復
内臓は冷えるとその機能を低下させてしまいます。夏の暑い時期に冷たい物ばかりを飲んでいると胃腸の調子が悪くなるのはこのためで、逆に温かい飲み物を摂ることで機能を回復し消化不良や胃もたれなどが起こるのを防いでくれます。

4.冷え症が改善血液の流れがよくなると冷え症は改善されます。手袋や靴下を重ねて履いても手足が温かくならないのは、体の内側が冷えているから。白湯を飲んで体の中から温めるようにしましょう。

●どんな症状の人に白湯はおススメ?

冷え症や便秘の方は特に白湯はお勧めだと言われています。
実は、冷え症と便秘には関わりがないわけではなく、むしろ冷え症の方は便秘でも悩んでいる場合が多いそうです。
便秘の解消法として水分を多く摂ることがよく挙げられますが、冷たい水を大量に飲むことはそれだけ体を冷やしてしまうことにも繋がってしまいます。
体が冷えると、内蔵の機能は低下するため排便を促す腸の動きも鈍くなってしまいます。するとますます便秘になるという悪循環が生まれてしまうのです。

これらを解消するには、温かい飲み物である白湯が効果的なのです。

●正しい白湯の飲み方や飲む量やタイミングは?

白湯は、たくさん飲めばいいという物ではありません。
むしろ、一日1ℓも2ℓも飲むと、体に必要な成分や要素まで流してしまうため、700ml~800ml程度に抑えるのがポイントと言われています。
さらに、白湯を飲むのに最も適しているのが、起きてすぐの朝。
朝は胃や腸が空いている状態なので吸収されやすく、効果がでやすいと言われています。
コップ一杯を5~10分ほどかけてゆっくり飲むのがよく、イメージとしてはゴクゴクと飲むよりも啜って飲みます。
また、朝昼晩の食事時に白湯を一緒に摂るのもよいでしょう。
消化を助けてくれるだけではなく、満腹を感じやすくなり食事量を減らすことができるそうです。
1日に摂取する水分量は個人差がありますが1.5L以上は摂取したいものですね。
冷えてくるこの時期、白湯を飲む習慣にしてみては??
鍋に水入れて、沸して冷ますだけ。簡単でしょ(^^)

関連記事