toggle
2018-11-03

姿勢と呼吸

11月になり、冷え込む日が増えてきましたね★

本格的な冬が近づいてきました。
寒いからっと言って、背中丸くなっていませんか??

【きれいな姿勢】と【正しい呼吸】

みなさん、心がけていますか?(^^)

●背骨本来あるべきS字のカーブ、きれいな姿勢を保つことは、内臓、なかでも肺、気管支などの呼吸器系の働きを正常にすることにも繋がります。
体内の末端に酸素が行き届き、各組織の新陳代謝もアップする。

【副交感神経が優位になる】
●副交感神経はカラダを休息させるリラックスモードを促す。

【血流がよくなる】
●副交感神経モードになれば末端の血管は広がり、血液は全身をぐるぐる巡るようになる。

【肩こり・腰痛改善】
●姿勢&血流改善で筋肉の緊張がほぐれれば、痛みの改善に。

【冷え性改善】
●末端の血管が収縮して血液の巡りが滞った状態と考えれる。
自律神経のアンバランスが原因のひとつ。

【不眠改善】【胃腸の働きがよくなる】
●快眠が得られることで、睡眠のリズムは整う。脳や体が刻む体内時計のリズムが整う。これによって自律神経のバランスがますますよくなり、胃腸の働きも健やかに。胃腸の働きは副交感神経の仕事。血流が促されて肩こり腰痛などの不調があると、交感神経が優位になり胃腸の働きは妨げられる。血流が促進されて肩こり腰痛を改善し、質のいい睡眠がとれるようになれば消化活動も健全に。

【便秘改善】
●消化管の働きがよくなって消化吸収のシステムがきちんと作動すれば、当然、便秘も改善する。
きれいな姿勢をとることで腸が圧迫されることもなく、深呼吸をすることでリラックス状態ななり、快便につながる。

【体幹筋肉が鍛えれる】
●きれいな姿勢を維持することで体幹の筋肉を常に駆使していれば、脳はそれを維持しようとする。筋肉ついて美ボディへ。

姿勢と呼吸が整えば、カラダの中では好循環がもたらされる。

まずは、週間に★(^^)/

MIHO

関連記事